仕事に限らずなんでもそうだけど、何か問題が発生したときに、受身の人ってのがいる。

大体そういう人は、問題が起こると「どうすればいいでしょうか?」と相手に指示を仰ぐ。
それが一番問題が少ないのかもしれないけど、もう少し自分で考えてみてもいいのではないだろうか。

自分で考えて「こういう方針で行こうと思うがどうだろうか?」という調整であれば何も文句はないが、はなから「どうしましょう」という態度だと、この人は何も考えることが出来ない人なんだろうと思ってしまう。
特に営業職にそういう傾向の人が多いように思う。

言われたことだけをやってるようでは生きてる価値は無い。

そういえば、今日は谷口さんの講演会があるのを思い出した。
お金がピンチだなぁ。